TOP >  廃棄の窓口

廃棄の窓口

廃棄の窓口

旭市 多古町 市原市で廃棄方法に困ったら「廃棄の窓口サービス」大量廃棄 特殊廃棄 産業廃棄物 特殊ごみ 行政指定以外での捨て方でお困りの方をお手伝いします。

Q.「廃棄の窓口」とは、どんなシステムですか?

A.前もって「大きめなガラ袋(60cm x 100cm)」を店頭にてお渡しいたします。いらないものを入れて頂けき。後日にお持ち頂くか、回収にお伺いいたします。

Q.本当に何でも良いのですか?

A.はい、前もって申告をしていただいた範囲のものであれば、一般ごみとして廃棄できない物(集積所に出せない、環境衛生センターに搬入できない)でもお受けいたします。申告時に廃棄のお手伝いができるか確認致しますのでご安心ください。※液状の物は(油分、水分)を含むものはご相談ください。
※ただし法的、倫理的にお受けできない場合もございますので、事前申告時にはできるだけ詳しくご説明いただけますよう、お願いいたします。

Q.重さ上限や長さ上限はありますか?

A.はい、袋が破ける可能性があるため1袋50kgを目安としてください、その範囲内であればめいいっぱい詰め込んでいただいて構いません。金属、ガラス、陶器の破片など破け易い物はご相談ください。長さに関しては、ご自身で粉砕、切断して袋内に収まる様に処置をお願い致します。

私たちの思う地元密着とは、地域の困っている方へのお手伝いが基本です。「廃棄の窓口」サービスを通して、地元の皆さまのお役に立ちたい思っています。

実際にご利用いただいた例.

「廃棄の窓口」では、産業廃棄物扱の物でもOK、たとえばDIYで出た石膏ボードクズ、一般ゴミでは回収されません。
DSC_0265

DSC03463

DSC03464

でも「廃棄の窓口」をご利用いただければ、お宅まで取りにお伺いすることも可能です。

一般ゴミでは回収されない、大量のコンピュータボード(PCB)等もOKです。

DSC03461

「廃棄の窓口」は先払いの明朗会計ですから、安心してご利用いただけます。どんな物でも大丈夫、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

▲TOP